• MA 加熱気化水銀測定装置
  • PE 全自動石油中水銀測定装置
  • RA 還元気化水銀測定装置
  • WA 気中水銀測定装置
  • EMP 携帯型水銀連続測定装置
  • 連続測定装置
  • AM-4
  • EM-5
  • ARA-6
  • SGM-8

プロが教える水銀測定装置選び
製品を探す

大気, ガス中水銀連続モニター

AM-4

超高感度, ワイドレンジな測定範囲の加熱気化水銀測定による間欠連続測定装置

お問い合わせ

AM-4

お客様の声により誕生した連続測定の最上級モデル

「一般環境大気を連続モニタリングしたい」や「妨害成分の影響なく排ガスを連続モニタリングしたい」というお客様の声により誕生した加熱気化水銀測定による間欠連続測定の最上級モデル。

0.01ng/m3~2mg/m3と超高感度, ワイドレンジな測定範囲を持ち、水銀以外の干渉成分の影響を受けることなく測定することが出来ます。

AM-4

妨害成分を排除する原子吸光法での水銀測定

対象ガス中の水分を除去した後、水銀捕集管に金アマルガムとして水銀のみを濃縮サンプリングします。その際、測定に不要な有機溶媒やSOx, NOxといった妨害成分は捕集管に捕まることなく排除されます。

その後、水銀捕集管を再加熱し、気化した水銀を原子吸光法で測定します。

サンプリングできるのは金属水銀 (0価の水銀) のみですが、前処理装置 (オプション) を追加することで、酸化態水銀 (2価の水銀) を併せた総水銀を測定することが可能になります。

水銀標準ガス発生装置を用いることで精確な測定が可能

水銀標準ガス発生装置 (オプション) による自動校正機能を用いることで、データの信頼性を損なうことなく精確な測定が可能になります。

またAM-4、及び水銀標準発生装置のキャリアガスは特別に準備する必要はありません。大気を浄化して使用するため、設置が容易かつ経済的で安全です。

仕様

水銀捕集部方式金アマルガム法
サンプリング時間1sec~99h59min59sec
サンプリング流量0.1L/min~0.5L/min (可変)
測定用キャリアガス活性炭フィルターによる浄化空気
水銀検出部測定原理非分散ダブルビーム冷原子吸光法
波長253.7nm
検出部光電管、半導体センサー
検出限界0.001ng (0.01ng/m3)
測定範囲LOWレンジ0~5ng
MIDレンジ0~100ng
HIGHレンジ0~1000ng
最小表示桁0.0001mg/m3N
繰返し性最大目盛値の±2%
ゼロドリフト最大目盛値の±2%
スパンドリフト最大目盛値の±2%
指示誤差最大目盛値の±3%
電源電圧に対する指示値の安定性最大目盛値の±2%
入出力信号アナログ出力 水銀濃度瞬時値 DC4~20mA
接点出力 定格負荷 AC250V 5A, DC30V 5A
接点入力外部スタート入力
データ出力PC接続, またはSDカード

用途

気中水銀測定:一般環境, 作業環境, 煙道排ガス

オプション

AM-4のオプションはありません。


Page Top