• 水銀の種類
  • 水銀のメリットとデメリット
  • 水俣条約
  • 水銀に関する法律

水銀と人類のかかわり

古代~中世

水銀は天然では遊離した状態で存在することは稀で、大部分は赤色の硫化物 (=HgS:辰砂しんしゃ cinnabar) として存在し、主に火山地帯や温泉地域の熱水鉱床に産出します。

この朱色の辰砂を空気中で加熱すると水銀蒸気と亜硫酸ガスが発生し、その水銀蒸気を冷却凝縮させることで水銀が精製できます。

水銀と人類のかかわりの歴史は古く、エジプトの墳墓や中国の殷の遺跡からも硫化水銀 (辰砂) を主成分とした、朱で彩色した出土品が数多く見つかっています。

また、水銀は不老不死の薬の原料として、中国の始皇帝など歴代の皇帝にも愛用されていました。薬としてだけではなく顔料としても、日本でも飛鳥時代には既に珍重されていたという歴史があります。

日本においては大和朝廷の時代より神社の鳥居や朱門などに辰砂が利用され、特に歴史上有名な水銀の利用は、奈良時代の東大寺の廬舎那仏 (大仏) 建立時の金メッキ塗装です。

金と水銀を一定比率で混合したアマルガムを銅で出来た大仏の表面に塗布し、それを周りから熱することで水銀を蒸発させることで金メッキを完成させたようです。

一説では大仏の完成までの期間に使用された水銀は2トンを超えたとも伝わっており、その際に発生した有毒の水銀ガスの吸引により多数の死者がでたと言われています。

奈良県の大仏

古代日本では水銀の価値は金や銀よりも高価であったとされ、水銀を制するものが政権を制するとさえ言われる程の貴重品でした。

一説では空海 (弘法大使) は中国の唐に渡った際に、銅や水銀鉱脈の発見方法を学んで帰国したとも伝えられており、全国における鉱物資源の産出地と空海ゆかりの場所が数多く一致しているとも言われています。

また、あのニュートンも水銀による不老不死の研究を真剣に手掛けていたようです。

現在

現代においても国際的な使用規制が強化され始める1900年代後半頃までは、水銀は私たちの生活に非常に密接なかかわりをもって世界の経済発展に大きく寄与してきました。

ただし、同時に水銀におけるデメリットもクローズアップされ、様々な規制の取り組みが始まったのもこの時期です。

水銀のメリットとデメリット

メリット

世界における水銀の使用用途としては、代表的なものとして下記のようなものがあります。

  • 金アマルガムによる金採掘, 精製
  • 水銀電池
  • 計測, 制御用 (体温計, 血圧計など)
  • 薬品 (ワクチン防腐剤, 赤チン, 殺菌剤, 農薬など)
  • 照明 (蛍光灯, CCFL)
  • 工業品 (整流器, リレー接点など)
  • 塩化ビニル工業, 塩素アルカリ工業など
  • その他 (塗料, 顔料, メッキ, 化粧品など)

2005年度世界の水銀使用目的

円グラフ:2005年度世界の水銀消費目的

2005年度の世界における水銀総消費量 (約3,800トン) のうち金採掘のための使用や化学工業における触媒としての用途が半分以上を占めます。(なお、この同時期での日本での水銀消費量は約12~15トン程度となっています)

水銀のデメリット

日本人にとって水銀が特に有害物質の代名詞のように理解されているとすれば、1950~60年代に世界的な公害問題として注目を集めた、熊本県水俣市にて発生した水俣病の影響が非常に大きかったと思われます。

工場排液中に含まれた有機水銀 (メチル水銀) が水俣湾へ流入し、湾内の食物連鎖の中で、プランクトン, 小魚, 大型魚へと水銀の体内濃縮, 蓄積が進んだ結果、これを食べた猫や人に甚大な精神・神経症状となって現れました。

このような水銀の健康被害は、これまでにも世界の各地で発生しています。イラクでは1960~70年代にかけて、メチル水銀で殺菌処理された種子により育った麦をパンとして食用したことで、約6,500人もの中毒者と400人強の死亡者を出しました。

また、金採掘の現場ではコスト優先の原始的な精製が未だに行われているところがあり、砂金と水銀をアマルガム化したものを加熱し水銀を気化して残った金を取り出しています。

その作業により気化した水銀ガスを吸引したために水俣病と同様の症状に苦しんでいる労働者が数多くいるという報告がなされています。

更に地下資源 (石油, 天然ガス, 石炭など) に含まれる水銀は、微量ながらも石油精製工場のパイプラインを通過する際にアルミなどの金属とアマルガムを形成し、これが原因となってパイプラインに穴が開き、そこから漏れたガスにより大爆発を引き起こした例も幾つか報告されています。

石油精製会社にとっては水銀の除去は必要不可欠なのです。

参考文献

  • 『はるかなる水銀の旅』山文社:山本斌曠著
  • 『水銀』丸善:日本化学会編
  • 『水銀処理技術が日本のエネルギー危機を救う』シーエムシー出版:幾島賢治著
  • 国連環境計画局 (UNEP):Technical Background Report to the Global Atmospheric Mercury Assessment (2008)
  • UNEP Technical Background Report to the Global Atmospheric Mercury Assessment (2008)


Page Top